日光の輪王寺 大猷院の夜叉門の基本情報・散策地図を掲載しています。

夜叉門

スポンサードリンク

夜叉門

承応2年(1653年)大猷院に造営された門であり装飾がすべてボタンの花で統一されていることから別名「牡丹門」 と呼ばれ、全体が黒漆と金を基調に華麗な仕上がりとなっています。

東照宮でいえば陽明門にあたるのが夜叉門です。

門の表と裏には東西南北を表す色の4体の夜叉像が祀られています。
東の青色、烏摩勤伽 うまろきゃ
西の白色、鍵陀羅 けんだら
南の赤色、毘陀羅 びだら
北の緑色、阿跋摩羅 あばつまら

4つの像に原色の色を使っている分ちょっと異様です。


スポンサードリンク

↑ PAGE TOP