日光の二荒山神社の神輿舎の基本情報・散策地図を掲載しています。

神輿舎


スポンサードリンク

神輿舎

神苑の入口を入ってすぐ左手にある建物が神輿舎です。

その言葉どおり「みこし」が三体納められています。神輿舎は、 当初は元和3年(1617年)に東照宮の仮殿拝殿として造営されたもので、 寛永15年(1638年)と寛永18年(1641年)にこの地に移転しました。

素木造の正面3問・側面2間の小建築ですが、元和創建当時の東照宮建築を唯一残すものです。

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP