日光東照宮の石鳥居,一ノ鳥居の基本情報・散策地図を掲載しています。

石鳥居(一ノ鳥居)

スポンサードリンク

石鳥居(一ノ鳥居)

広い参道の正面10段の石段とその上にそびえる花崗岩の石の鳥居(一ノ鳥居)です。

元和4(1618)年に黒田長政が奉納した鳥居は高さ9.2m、幅13.2m柱の直径1mあり15ケの石材で造られています。

重量配分を考慮して笠木と島木の中を空洞化するなど地震対策も施されていて鎌倉八幡宮・ 京都八坂神社の鳥居と並んで日本三大石鳥居と呼ばれています。

掲げられている「東照大権現」の額は後水尾天皇の直筆といわれ畳一畳分あります。

石の太さや鳥居の大きさは想像していたよりでかく圧倒されます。


スポンサードリンク

↑ PAGE TOP