日光東照宮の三猿,神厩,神厩舎の基本情報・散策地図を掲載しています。

神厩(三猿)

スポンサードリンク

神厩(三猿)

表門の左側にあります。神馬をつなぐための厩舎。境内で唯一素木の建物で寛永十三年(1636年) 造営され、現存する大型の神厩建築の唯一の遺構となっています。

東照宮で最も有名な猿の彫刻「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿の彫刻です。

三猿

猿は馬の健康を守ると言われたことから建物に猿の彫刻が施されたと云われています。

この有名な三猿は実は3匹だけでなく厩をとりまくように8枚の猿のレリーフに成って居りしかもストーリ仕立てになっています。
左記の写真から想像してみてください。

神厩舎に猿の彫刻があるのは猿が馬の健康と安全を守るという言い伝えによるものです。

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP