世界遺産日光の輪王寺のおすすめ観光コースです。

日光山 輪王寺観光コース

おすすめのコース内容と所要時間

輪王寺の拝観の中心は三仏堂。

三体の本地仏の他にも多くの仏像、人物像が安置されているので、一体づつゆっくり拝観したい処です。

宝物館の展示品も数々ございます。更に、お隣の逍遥園にはベンチが完備されているので、休憩しながら京風の庭をながめる事ができます。

三仏堂は只今、平成の大修理中です平成32年までの完成予定との事で建物全体にホロが架かっています。 なお、日光山輪王寺、観光コース所要時間は掛けようですがおおよそ1Hぐらいでしょうか。

スポンサードリンク

所要時間1時間

1.逍遥園

逍遥園 徒歩
1分
輪王寺宝物館に隣接する紫雲閣の庭で小堀遠州作と伝えられ江戸期の池泉回遊式庭園。
逍遥園

2.宝物殿

宝物殿 徒歩
10分
輪王寺の山岳信仰の遺品と皇室や公家から寄贈された美術品を展示しています。
宝物殿

3.三仏堂

三仏堂 徒歩
5分
勝道上人が開いた日光山の御本尊その名のとおり、三体の千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音を祀っている三仏堂。
三仏堂

4.相輪塔・糸割符灯籠

相輪塔・糸割符灯籠 徒歩
30分
三仏堂の斜め裏に建つ高さ13.2mの青銅製の塔。天海僧正が建立したもので法華経の経典が収蔵されている。
相輪塔・糸割符灯籠

5.大護摩堂

大護摩堂 徒歩
20分
三仏堂の裏手にある建物で毘沙門天・大黒天・弁財天を祀る。護摩祈祷の場。
大護摩堂

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP