日光東照宮の陽明門の基本情報・散策地図を掲載しています。

陽明門


スポンサードリンク

陽明門

日光の霊廟建築の代表、陽明門です。

正面7m、側面4.4m、高さ11.1m寛永13年(1636年)に造営されたもので 江戸時代の建築、工芸、彫刻、絵画のすべてを注入した最高傑作です。

508の彫刻群で埋め尽くされた門は一日中眺めても飽きないことから「日暮門」とも呼ばれています。

正面左右に髄身を置き、天井は狩野探幽の筆になる迦陵頻伽、通路天井は同じく昇竜と降竜が、装飾されております。

十二本の円柱にはグリという渦巻き紋様がありますが、その中の一本だけが逆さに成っており、魔よけの逆柱と呼ばれています。

装飾彫刻には唐獅子、竜馬、吐出棺獅と中国の故事に由来する琴棋書画などを配置して、 白、黒、金、朱、緑青、群青の極彩色に塗ってあります。

超ゴージャスな霊獣ワールドの世界で絢爛豪華です。

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP