日光の輪王寺は昔、いろは坂も参道だったらしく広かった。

輪王寺ってすごっく広いってホントの噂


スポンサードリンク

輪王寺

もともと仏堂、神社、霊廟などすべてが「日光山」として神仏習合の信仰が行われていた日光山内。

それが神仏分離により現在の二社一寺に分かれ日光山の仏教面を担うことになったのが輪王寺。

大猷院の他、東照宮裏の開山堂、大猷院の南にある慈眼堂、中禅寺湖畔の中禅寺(立木観音)や 日光湯元の温泉寺までがなんと輪王寺の境内なのです。

かつては奥宮(男体山)への参拝の帰り道となっていた、いろは坂が、輪王寺の参道だったとも云われているんだってョ。


スポンサードリンク

↑ PAGE TOP